Menu

ごあいさつ

Home
ごあいさつ

◇ごあいさつ◇

お忙しい日々の中で、ちょっと頭が重いとか肩が凝る、手足が冷える、疲れが取れにくい・・・
そんな症状をかかえていらっしゃる方も多いかと思います。病院に行くほどではない、または
病院で検査しても数値に異常はないと言われたという経験をお持ちの方もいらっしゃることと思います。
 私が学んだ気診では、身体を取り巻く気の異常が捉えることができます。 検査の結果、異常がなくとも、
何らかの症状があれば身体を取り巻く気には異常があります。それを気診で捉え、気を送って調えることで、
気の状態がよくなり、お身体の状態も改善してきます。

 また気診で気を調えることと同時に大切なことは、日々の自己養生です。 お一人お一人のお身体の
状態に合った養生法をご指導させていただきます。続けていかれますと、徐々にお身体の調子がアップして
いき、調子が悪くなることが少なくなって参ります。身体を温めたり、弛めたり、呼吸法をなさったりすることを、
毎日の習慣にして頂くことで、健康が維持されていきます。また病気になられている方も、病院での治療に
自己養生を加えることで、より早く元気になって頂くことができます。

 私は歯科医でもあり、歯科の立場から全身を診ますと、かみしめていらっしゃる方がとても多く、
そのことによって頭痛や肩こり、冷えなど様々な不定愁訴を訴えていらしゃいます。
かみしめは治らないものではなく、身体を弛めて、かみしめないお身体にしていくことで改善していきます。
最初は夜間、マウスピースなどを入れて歯と歯が直接当たらないようにしますが、気診+養生法で
3か月~1年をかけてマウスピースを外せるようにしていきます。かみしめがなくなることで、そのことによって
起こっていた症状はかなり良くなります。(マウスピースにつきましては関連歯科医院で対応致します)

 西洋医学と東洋医学のそれぞれの特徴を活かして、身体全体を元気にしていくことを目指しております。
「病は気から」と言うように、病気は身体を取り巻く気の状態の悪化から始まります。是非一度、
気診の世界をご体験下さい。

◎ 身体の調子の悪い方、元気が出ない方は
「気診気功」+「遠隔気診」をお試しください。
 ◎ 気診を初めての方は
   「自分でできる気診講座(初級)」へどうぞ!
◎ 気診スペシャリストを目指す方は
   「スペシャリスト養成基礎講座」へどうぞ!

一般社団法人
心と身体と気を元気にする気診研究所
代表理事  歯科医師  小倉左羅(才子)


【小倉左羅(才子)プロフィール】

昭和37年生まれ
東邦大学付属東邦高校卒
東京歯科大学卒
歯科医院勤務の後、兵庫県加古川市の小田整形外科 小田一先生の元で気診を学ぶ
一般社団法人 心と身体と気を元気にする気診研究所 代表理事
 著作に「気診で元気!」 幻冬舎ルネッサンス

(気診の考察)

小田一先生が開発された胸鎖乳突筋検査法は、身体が不適応な刺激を受けると全身の筋肉が緊張する
という性質からスタートしています。その筋肉の緊張を捉える中で、さらに周囲を取り巻く気の変化にも
気付きました。それが気診の発見です。さらに研究を重ねると、気には質の違ういくつかの層で成り立っている
ことを小田は見つけました。その中でも精妙な気を捉えるようにすると気が光る領域を見つけたようです。

気診で身体を取り巻く気(オーラ)がクリアに広がり光った時に症状や検査結果は改善してきました。
(気のレベルが上がった者には身体を取り巻く気を目で見ることができます)このことは身体を取り巻く気が
存在し、それが病気や健康と関わっているということを表すものと考えています。T工業大学のK先生の
研究によれば、その光は、「生物フォトン」と言われ、生きているものすべてに存在しているそうです。
その光が多く発光している時に、自然治癒力が大きく働くと考えております。

これらのことは私だけでなく、私と共に気診を勉強している20名ほどの方々が同じことを捉えることができます。
一番、気の改善に効果的なことは、顎を弛める、つまり口を少し開くことです。身体の緊張がすぐに改善し、
人によっては周囲の気が大きく光ります。本来上下の歯と歯は安静時、接触していないのが正常な状態です。
これを安静位空隙と呼びます。この安静位空隙を保てないために、歯と歯が接触していると考えています。
「口はしっかり結んで」という教育も追い打ちをかけているように思います。歯と歯が接触した状態では、常に
身体が緊張し神経に異常な信号が送られ、脳に何らかの刺激を与えているのではないかと考えています。
そのことが様々な不定愁訴を誘発しているのではないでしょうか。さらに接触よりも強くかみしめている
場合には、身体はリラックスできず、交感神経が緊張し続けるのではないかと考えています。まずは口元を
弛めることが大切です。

次に食事ですが、今流通している多くの物が、食べると気を乱してしまいます。
特に健康食品の多くは成分が凝縮されているためか、特に身体を取り巻く気が悪くなるものが多いです。
また個人個人で合うものが違うのですが、今は合うか合わないかわからずに毎日定期的に摂取しています。
このことはとても危険なことと考えています。合わないものでは
身体は緊張して異常を訴えておりますが、現代人はそれを感じる感性を失っていると考えています。
しかし本来人間が持っている能力なので、訓練すればだれでもその感覚を取り戻すことができます。
食事指導でお勧めしているのは工学博士の宇田成徳先生が考案開発された「健康ふりかけ」です。
多くの方の気が改善します。(白ごま・黒ごま・昆布・おかか・じゃこ)

前述のK先生に身体から生物フォトンを多く出す方法をお尋ねてみたところ、一番有効なものが温熱刺激
とのことです。そして鍼やお灸、マッサージなどの刺激です。おそらく気功も研究が進めば認められることと
思います。

 気持ちや感情も気を変化させることが気診では捉えられています。楽しいことを考えたときは、気が広がり、
辛いことや悲しいことを考えると気は縮みます。特に怒りの感情は気を大きく乱します。怒りを抱え
続けていると具合が悪くります。

 オーラの変化と身体の状態には因果関係があると考えております。

 気及び気診に関して研究して頂ける機関を探しております。